【日清ラ王CM】なぜこのキャスティング?カズレーザー&千葉雄大がパロディCMに!

いつも面白いCMをつくる日清食品ですが、どん兵衛やラ王は看板商品ともいえるでしょう。

今回は、Twitterを賑わせているカズレーザーさんと千葉雄大さん出演の新ラ王CMどん兵衛のパロディ版)について、なぜこのキャスティングなのか検証しました。

日清ラ王のCMはどん兵衛の完全パロディ!

このCMを見て、「どん兵衛のCMのキャストが変わったのかと思ったら、実はラ王のCMだった」という人も多いでしょう。

どん兵衛のどんぎつねを演じる吉岡里帆さんと、星野源さんのCMは、「かわいい」と絶賛の声があがっていましたよね。

配役チェンジだと勘違いした人たちからは吉岡里帆さんと星野源さんを惜しむ声があがっていましたが、よくみるとどん兵衛ではなくラ王のCMで、完全なるパロディ版だったのです。

ラ王のCMでは、キツネ役をカズレーザー、麺を食べる人を千葉雄大が演じています。

CMにはストーリー性があり、今回の新CMのタイトルは「全粒粉の妖精 篇」とのことで、すでに続編を楽しみにしている人も多いようです。

以下がラ王の新CM「全粒粉の妖精 篇」です。まだ見たことのない人はチェックしてみてください。

スポンサードリンク

新CMには絶賛の声が多数

この自社CMのパロディCMをつくる、粋な日清ですが、視聴者の反応も好評のようです。

確かに自社製品でパロディCMを作るのは、なかなか斬新なアイデアですよね。

こんな妄想をしてしまう人まで…、続編が気になりますね!

ラ王にキツネは関係ないのですが、よく見るとキツネのしっぽや耳が穀物でできており「全粒粉」をしっかり意識しています。

こういった間違い探しをするのも、おもしろいですね!

スポンサードリンク

なぜこのキャスティングなの?

そしてこのキャスティングが、インパクトが強く、みんなが注目をしている最大の理由でもありますよね!

面白さとは、意外性からくるものなので、日清の戦略は大ヒットということでしょうか。

通常、CMなどのキャスティングは人気が急上昇をしている人の中から選ばれるようです。

またすでにキャラが確定している場合に、あえて逆の配役をするというのもキャスティングの秘訣だそうですよ。

そういう意味では、かわいいイメージのある千葉雄大さんではなく、カズレーザーさんがキツネをしているのは意外性の発想かもしれませんね。

またTwitter上でも憶測が飛び交っていました。

憶測①カズレーザーがキツネ顔だから

確かにカズレーザーさんの切れ長の目は、キツネのイメージに合っていたかもしれません。

憶測②カズレーザーのトレンドカラーとラ王のカラーが一致しているから

またカズレーザーさんのトレンドマークである金髪赤いスーツが、ラ王のブランドカラーとあっているというのも一理ありますよね。

憶測③カズレーザーさんの気になる人が千葉雄大さんだった?

実はカズレーザーさんは、自身がバイセクシャルであると公言しています。

実際に男性との交際も経験済みだそうで、次に気になっている人が「千葉雄大さん」であると語っていたそうです。

こういった話題性も含めて、キャスティングしたのではないでしょうか。

さすがは日清、視聴者の心をしっかりとつかむ方法を心得ている感じがしますよね。

千葉雄大さんとカズレーザーさんの行く末(CMの続きも、プライベートも)が気になるところです。

スポンサードリンク