youtuber【へきトラ】の法的措置は?動画が最低!大炎上の理由とは?

目ざましテレビで、取り上げられたYoutuber【へきトラ】の動画が物議をかもしています。

ネットでも大炎上していたので、へきトラが大炎上している理由や議論されている法的な問題についてまとめました。

スポンサードリンク

youtuber【へきトラ】とは?

へきトラとは、へきトラハウスという、Youtuberで、チャンネル登録数は145万人と、人気があるようです。

へきトラハウスは、

  • 相馬トランジスタ
  • へきほー
  • カワグチジン

の3人から構成されるグループYouTuber。

どのメンバーも個性的で、若い世代(10代~20代)に人気があります。

動画の内容は、下ネタ・セクハラ系、危険をともなうような過激な動画を配信しているようです。

そのなかでも、今回、話題にあがったのが、【第2回振り返りブスババ抜きゲーム】というタイトルの動画でした。

スポンサードリンク

へきトラ大炎上の理由は?

へきトラが炎上している理由としては、めざましテレビで、この【振り返りブスババ抜きゲーム】の動画が取り上げられたためです。

問題の動画がこれ!


問題になっている動画は10月16日にアップされたもので、「第2回振り返りブスババ抜きゲーム」というタイトルです。

第2回ということなので、以前にも同じ企画があったようですね。

前回もコメント欄は炎上していたようですが、今回はテレビで取り上げられたことで、問題となっています。

企画内容は、道を歩いている一般女性に声をかけ、振り返った女性の容姿を判断するというもの。

出しちゃいけないレベルのブス」というコメントや、鼻を手で押し上げてその女性の真似をしたりと、内容はかなりひどいものだったようです。

【大炎上】ネットの反応

ネットでは炎上しているのですが、意外なことにへきトラを擁護する意見も多かったです。

批判的な意見

擁護派の意見

やはり人の容姿を、悪意たっぷりにいじるのは道徳的に問題じゃないかな~と思います。

【彼らにしかできないから、いつものことだから】という理由で、一般の女性を酷評してもいいのでしょうか。

もうすこし、メディアの怖さというものを、Youtuberだからこそ理解してほしいものです。

法的な問題はないの?

動画に映っている女性はモザイクなどが、されていますが、もし特定された場合には、法的な措置は可能なようです。

現在、問題の動画は削除されていますが、保存しているユーザーも多いようなので、特定される可能性もゼロではありません。

実際、撮影した女性に許可をとっていたのかは定かではありませんが、無許可だった場合、事態はより深刻でしょう。

法律については専門的な部分なので、難しいですが、誹謗中傷としてとらえることができれば民事裁判になります。

今回の場合は、youtubeという不特定多数が閲覧できる媒体をつかっていることから、刑事事件として名誉棄損罪も成立するのではないかと思います。

名誉棄損罪に該当した場合は、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金だそうです。

まとめ

今回炎上しているへきトラについて、炎上している理由や、法的な問題はないのか、ネットの意見などを紹介しました。

賛否両論あるYoutuberの動画配信ですが、有名になるにつれて影響力が増すというという自覚は持っておくべきですよね。

スポンサードリンク